2017/8/21
臨床研究のお知らせに、"過敏性腸症候群に対するサラシア健康食品の腸内細菌叢に及ぼす影響" を追加掲載しました。
2017/7/1
2017年7月1日(土)より、8月分の国保・長寿健診の予約を開始します。
9時30分~5時 受付窓口または電話にて予約承ります。
          ※9月分は8月より、10月分は9月より予約開始になります。


















クリニック案内

当院は一志外科医院として昭和39年に開院し、前院長(一志典夫)が篠崎地区の地域医療に貢献してまいりました。
2007年、現在地(篠崎2丁目)に移転し、一志胃腸科クリニックとしてリニューアル開院を行い、 消化器疾患を中心とした診療を行っています。
また消化器疾患以外でも家庭医として何でもご相談を承ります。ご気軽に来院なさって下さい。

診療受付日時 (▲ 土曜日午後14:00~15:00 / 休診日 日・祝・木・火曜日午後)

 
午前 9:30~12:00 ×
午後 3:00~ 6:30 × ×

医師別担当の詳細はこちらを参照ください。

一志胃腸科クリニック
〒133-0061 東京都江戸川区篠崎町2-15-21
TEL 03-3670-0221 FAX 03-3678-7804
地図と交通案内はこちら。

診療科目

診療内容

消化器肝臓内科、肛門外科:
●食道: 逆流性食道炎、食道癌など     ●胃: 萎縮性胃炎(ピロリ菌除菌)、胃潰瘍、胃癌、機能性ディスペプシアなど
●大腸・肛門疾患: 大腸ポリープ、大腸癌、炎症性腸疾患、過敏性腸症候群、
痔核、裂肛、痔ろう・肛門周囲膿瘍など
●肝臓・膵臓・胆道疾患: 胆石、膵炎、肝炎など
外科:
●すり傷、切り傷などの外科疾患(整形外科は専門ではありません)
内科:
●高血圧・糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病

健診

●企業健診、就業時健診 ●江戸川区特定健診(65-75歳未満の江戸川区国保)毎年8月~10月
●江戸川区長寿健診(75歳以上の江戸川区在住の後期高齢者):毎年8月~10月  ●江戸川区大腸がん検診(便潜血反応)

予防接種

●インフルエンザワクチン ●肺炎球菌ワクチン

●医療連携病院
東京慈恵会医科大学 葛飾医療センター   東京慈恵会医科大学 附属病院(西新橋)   江戸川病院   順天堂浦安病院   山手メディカルセンター

検査・設備

検査機器と検査およびその特徴
●X線診断装置:胸部X線検査、腹部X線検査、骨粗鬆症の骨量測定など、
上部内視鏡検査と大腸内視鏡:以下の特徴があります。
意識下鎮静薬を注射して内視鏡を行うので患者さんのご負担が少ないです。
消化管関連学会の専門医資格を有する医師が検査するため適格な診断ができます。
ハイビジョン拡大内視鏡検査が行える内視鏡を使用した見落としのない診断ができます。
●腹部超音波診断装置:肝臓、胆のう、胆道、膵臓疾患の診断
●心電図診断装置:心疾患などの診断

その他:
江戸川区医師会検査センター(船堀駅前)において、MRI・CT検査、ホルター心電図などの検査が可能です。
後日当院で結果の説明をいたします。


院内及び設備機器    (写真はクリックで拡大表示され説明が出ます)



医師紹介

一志公夫(いっし きみお)
医学博士 院長

経歴:獨協医科大学 医学部卒
コロラド大学外科留学
東京慈恵会医科大学 外科講師
東京慈恵会医科大学 内視鏡科講師
東京慈恵会医科大学 青戸病院・柏病院
内視鏡部 診療部長
現在 一志胃腸科クリニック 院長
東京慈恵会医科大学 内視鏡科
非常勤診療医長
資格:日本外科学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本大腸肛門病学会専門医
日本消化管学会胃腸科認定医


一志邦夫(いっし くにお)

医学博士 内科非常勤

経歴:帝京大学 医学部卒
現在 メディカルスクエア赤坂勤務
資格:日本内科学会専門医
日本リウマチ学会専門医
日本医師会認定産業医





一志典夫(いっし のりお)

医学博士 前院長 外科非常勤

経歴:千葉大医学部卒


中田浩二(なかだ こうじ)医学博士 非常勤医師(第2土曜日)
経歴:東京慈恵会医科大学卒
現在 東京慈恵会医科大学 第三病院 臨床検査医学講座准教授
資格:日本外科学会専門医 / 日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器外科学会専門医 / 日本消化器病学会専門医
日本消化管学会専門医

猪又雄一(いのまた ゆういち)医学博士 非常勤医師(第2,4週水曜日午後)
経歴:富山医科薬科大学 医学部卒
現在 北小岩胃腸科クリニック 院長
資格:日本消化器内視鏡学会専門医


川原洋輔(かわはら ようすけ)非常勤医師(毎週火曜日 午前)
経歴:東邦大学 医学部卒
現在 東京慈恵会医科大学 内視鏡科 葛飾医療センター内視鏡部
資格:日本内科学会認定医 / 日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医 / 日本消化管学会専門医


小野真吾(おの しんご)非常勤医師(毎週水曜日午前、第1・3・5週午後)
経歴:東京慈恵会医科大学卒
現在 東京慈恵会医科大学 内視鏡科 附属病院内視鏡部
資格:日本外科学会専門医 / 日本内科学会認定
日本消化器内視鏡学会専門医


古橋広人(ふるはし ひろと)非常勤医師(第1土曜日)
経歴:東京慈恵会医科大学 医学部卒
現在 東京慈恵会医科大学 内視鏡科 附属病院内視鏡部
東京慈恵会医科大学 大学院消化器内視鏡診断治療学
在学中
資格:日本内科学会認定医 / 日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会専門医

臨床研究のお知らせ

1)胃食道逆流症・機能性ディスペプシアを対象とする質問票の評価および臨床病理学的研究(研究のおしらせ)

 この度、一志胃腸科クリニックでは、「胃食道逆流症・機能性ディスペプシア疾患を対象とする質問票の評価および臨床病理学的研究(後向き検討)」を実施することになりました。
この研究の目的は、食道逆流症と機能性ディスペプシア疾患の患者さんの臨床経過や治療効果の妥当性を調べることです。
 この研究のため、平成25年6月から現在までに、当院で診療させていただいた方の調査を行います。対象となるのは食道逆流症と機能性ディスペプシア疾疾患の患者さんで、調査項目は個人情報を含まない医学的な情報(診断・治療内容・予後の状況等)のみです。患者さん個人を特定できるような情報は、番号などに置き換えており、患者さんのお名前、住所などのプライバシーに関する情報が外部に漏れることは一切ありませんのでご安心下さい。また、調査項目は診療録や質問票(GERD-TEST、改定Fスケール)、内視鏡所見などの既存情報であり、何らかの負担が生じることはありません。
 この研究の科学的妥当性と倫理性は、日本医師会の倫理審査委員会において厳重に審査され、承認されています。個人情報の安全保護については、万全の体制下にて管理され実施されます。また、今回の研究で得られた結果に関しては、医学的な専門学会や専門雑誌等で報告されることがあります。
 具体的な研究内容を知りたい、あるいは、今回の研究に用いることを拒否されたい場合には下記の問い合わせ窓口までご連絡下さい。

平成29年1月7日
一志胃腸科クリニック 研究責任者:一志公夫

2)過敏性腸症候群に対するサラシア健康食品の腸内細菌叢に及ぼす影響

-過敏性腸症候群(下痢型)の患者さんの臨床試験参加者募集いたします-
Q1 6ヶ月以上前より症状がときどきあり、ここ3ヵ月の、あなたの下痢、おなかの痛みや不快感について答えてください。
おなかの痛みや不快感を1カ月に3回以上くりかえす。
□はい □いいえ

Q1で「はい」と回答した方にうかがいます
おなかの痛みや不快感がおこる時の状態で、以下に当てはまる項目はありますか?
□おなかの痛みや不快感は、排便をするとやわらぐ
□おなかの痛みや不快感にともなって、排便の回数がいつもより増えたり減ったりする
□おなかの痛みや不快感にともなって、便がいつもより軟らかくなったり硬くなったりする。 2項目以上あてはまると過敏性腸症候群下痢型の可能性があります。

研究内容

 過敏性症候群は腸の運動が機能障害を起こすことで、慢性的な腹痛をきたす病気です。最近過敏性腸症候群患者さんは、特定の腸内細菌叢(腸内フローラ)の乱れが存在することが判明しております。そのうち善玉菌であるビフィズス菌が極端に少ないことがわかってきています。そこで健康食品であるサラシア(富士フイルム)はビフィズス菌を4倍程度増やす作用があることが健康の方の服用で証明されています。今回富士フイルムと慈恵医大の共同研究でくじ引き臨床試験を行うことになりました(プラセボ偽薬:サラシア=1:2)。サラシア内服前後のアンケートと便中の腸内細菌を調べます。ご協力いただける方は当院まで受診おねがいいたします。


3)腸内細菌の研究 →工事中

4)ピロリ菌除菌後健康人における胃粘膜DNAメチル化レベルを用いた胃がん発生高危険度群の捕捉に関する多施設共同前向きコホート研究

アクセス

一志胃腸科クリニック 〒133-0061   東京都江戸川区篠崎町2-15-21
TEL 03-3670-0221   FAX 03-3678-7804

最寄り駅:都営新宿線 篠崎駅 (210m) 新宿線篠崎下車 徒歩3分東に向かって直進
総武線小岩下車 京成バス(小72)小岩駅江戸川スポーツランド行き新道口バス停下車徒歩1分 総武線新小岩下車 京成バス新小岩駅江戸川スポーツランド行き篠崎駅徒歩3分